◆◆占いのお話◆◆

命・卜・相

 「占い」・・・といっても、占う方法には命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の種類があります。

命(めい)の占い:生年月日や生まれた時間や場所をもとに、運命や相性などを読み取ります。
例:気学九星、四柱推命、西洋占星術、算命学etc.

卜(ぼく)の占い:偶然表れた事柄から物事のなりゆきや可否などの運命を読み取ります。
例:易占い、タロット占い、ルーン占いetc.

相(そう)の占い:事物を対象にして、現状を判断し、それに基づき必要があれば改善策などを導きだします。
例:手相、人相、家相、姓名判断etc.

当店では、主に上記中の命の占い(気学九星)、相の占い(手相)の占法を用いて占います。
※担当鑑定士がいる場合は卜の占い(タロット)もあります。

気学九星

 中国から伝わってきた易の八卦、九宮、干支学、陰陽五行、江戸時代から伝わる九星学など古くからの学問をまとめ、方位や家相などの解釈を加え、大正時代に「園田真次郎」という方が「大正館」という学びやを作り、「気学」という新しい学問を普及していったそうです。
そこで学んだ方達が様々な流派に分かれたり、他の考えを取り入れて現在の気学界があるようです。

おおまかな考えとして、この宇宙は、法則性をもち常にエネルギーが循環していて、そのエネルギーを9種に分類し、そのエネルギーの性質をとらえながら、自ら動き、吸収しにいったり、不穏なエネルギーを避けたりする事で、運勢の流れを変えていこうという学問です。

年、月、日、時間によりある法則性をもって、エネルギーは循環しています。
人は、生まれた時に、その時に循環しているエネルギーに影響を受けるとして、生まれた年に中心に回っている星を「本命星」といいます。(月の星は月命星、日の星は日命星といいます)

気学では、旧暦を基本としている為、1年のはじまりは、2月の立春からとし、翌年立春前日(節分)までを1年と考えます。その為、1/1〜節分(だいたい2/3前後)の期間のお誕生日の方は、前年の星(干支も同様の考え)になります。

毎年、2/4前後が立春の日ですが、年により2/5が立春の場合もありますので、2/4前後の生まれの方は、生まれ年の正確な立春の日を確認する必要があります。

九星の星の呼び名が
一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しろくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白金星(ろっぱくきんせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

となり、それぞれ星の気質(※上記の写真参考に)があります。その気質を受けとめ、理解しながらいく事で、人間関係、適職などにも活用でき、吉方位を活用して、自ら動く事で、運を切り拓いていく事もできる積極的な占いです。

気学九星「本命星」早見表
※1/1〜節分(2/3あたり)までは前年の星になります。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星
 昭11  昭10  昭9  昭8  昭7  昭6  昭5  昭4  昭3
 昭20  昭19  昭18  昭17  昭16  昭15  昭14  昭13  昭12
 昭29  昭28  昭27  昭26  昭25  昭24  昭23  昭22  昭21
 昭38  昭37 昭36   昭35  昭34  昭33  昭32  昭31  昭30
 昭47  昭46 昭45   昭44  昭43  昭42  昭41  昭40  昭39
 昭56  昭55  昭54  昭53  昭52  昭51  昭50  昭49  昭48
 平2  平元  昭63  昭62  昭61  昭60  昭59  昭58  昭57
 平11  平10  平9  平8  平7  平6  平5  平4  平3
 平20  平19  平18  平17  平16  平15  平14  平13  平12
 平29  平28  平27  平26  平25  平24  平23  平22  平21
 他18歳位までのお子様を見る場合などの「月命星(月の区切りは、二十四節気の最初の節で変わります(4日〜9日の間で月変わり)。1日〜3日生まれの方は前月の星です。4日〜9日生まれの方の月命星は、月替わりを確認する必要があります)」、内に秘めた性格、適職などを表す「傾斜宮」などでも判断いたします。

当店では、「気学九星」の占法で、本来備わっている性格、運気のリズム、今年の運気、今年の吉方位などの「運勢」と、対人関係で気になる方の性格、その方との相性、つきあい方ののアドバイスなどの「相性」を占います。

手相

 手相は、東洋流、西洋流の見方がありますが、東洋では、病気を知る為や出世具合をみる為に発展し、西洋では、性格や心理的なもの運勢などを知るものとして発展していったようです。
一般的に売られている手相本などは西洋流が主流となっています。

左手と右手どちらを見るか・・・という質問をよく受けますが、東洋、西洋共にも様々な考えがあり、東洋流では女性、男性、年代で違っていたり、西洋流では、左手を先天的な要素を持つ手、右手を後天的な要素を持つ手などの考えがあります。他にも脳と手の関係性で見たりと色々な見方があります。

確実なのは、左右両方の手を見る事が必要ですが、当店での「占いセット」の際は、左右の手を自然に組んでいただいた時に、親指が下になった手を、その人の現状や未来を表す、その人にとって変化しやすい積極的な手として、主にみることが多いです。

手相をみる時は、手のしわだけをみている訳ではありません。
手の出し方、大きさ、形、色、指、爪、ふくらみなど総合的にみています。

ここで、上記写真の手相図でも記載の通り、皆様もどこかで一度は聞いたことがある代表的な線は、主に何を表すのかをお教えします。

生命線:体力・健康
頭脳(知能)線:才能・適職
感情線:性格・感情傾向・恋愛傾向
運命線:人生の転機・満足度・エネルギーの発揮度
太陽線:人気・名声
財運線:金運・商才
結婚線:恋愛傾向・婚期


手相は、固定されたものではなく、時とともに変化していきます。変わり度合いは個人差がありますが、環境の変化、精神的な変化、心の想いが表れます。

逆に、自分の心持ちや生き方次第で、良相に変えられますので、固定的に考えず、あくまでも人生を前向きに進む為の参考図として活用していただければと思います。

コンテンツ

 トップページ
 お知らせ
 占い那須の母ガイド
 661st店(本店)
 ホテルエピナール那須店
 那須ハイランドパーク店
 パワーストーン
 出張占い
 占いの話
 広報
 リンク
 雅の心の声
 お問合せ
 コンセプト
 アクセス
 プライバシーポリシー


▲このページの先頭に戻る

PC版サイトはこちら


株式会社雅商事
(占い那須の母雅堂)

〒325-0001
栃木県那須郡那須町高久甲4328-1
661st内
TEL.0287-64-5508
FAX.0287-64-5509


copyright© Uranainasunohaha Miyabido all rights reserved.